メルマガタイトル

ご案内

シリコンバレーに住んでいるからこそわかる現地の最新テクノロジー情報や、未来のライフスタイルについて、ディープな情報を月2回お届けします。インターネットを活用した新サービス、イノベーションの最前線に関心を持つ皆さんにとって必読のメールマガジンです。

Lineで送る

松村太郎のシリコンバレー 深層リポート

  • 【価格】¥540円(税込)/月
  • 【発行周期】月2回(原則金曜配信)
  • 【発行形式】テキスト形式
  • 【お支払い方法】クレジットカード

メルマガを購読する

既にメルマガを購読中の方

バックナンバーの閲覧はこちら

ログインID(メールアドレス)
パスワード

お知らせ

2017.8.11配信 Vol.6
バケーションはAirbnbで予約してはいけない
Airbnbは、日本でも徐々に解禁されつつある「民泊」のサービスです。空いているスペースを貸し出して家主は収益化しよう、旅をする人はより安く、ホテルなどでは味わえない地元に根付いた滞在を楽しもう、そんなマッチングが行われています。
たとえば、夏場に2カ月ほどバケーションを取る人が、その期間にAirbnbを通じて家をまるごと貸し出す、というパターンもあります。もし賃貸であれば、家を空けている間の家賃を取り戻すこともできますし、持ち家であっても旅行の費用の足しにできます。
あるいは、日本から短期留学やインターンに来る学生は、Airbnbのシェアハウスを探すパターンも多いです。いろいろな国の人と同居する苦労もありますが、それも海外経験の…
2017.7.28配信 Vol.5
サンフランシスコで、スマホで改札が通れるようになるのは?
2016年9月に発表されたiPhone 7、iPhone 7 Plus、Apple Watch Series 2では、日本向けのモデルについて、FeliCaチップを搭載し、日本で普及している交通系電子マネー「Suica」をサポートしました。
筆者は普段米国で暮らしていますが、Apple Watchについてはわざわざ日本向けモデルを手に入れ、Suicaを設定しました。日本に出張で帰る機内で、普段米国では左手にしているApple Watchを右腕モードに切り替えて装着し、羽田空港に降り立ったら手首だけで京急線の改札を通って東京での1週間をスタートさせる、というのがおなじみのスタイルになりました。
スーツケースにカバンを持って、財布やスマホをポケットから取り出すことを考えれば、右手首だけで改札が通過できるSuicaの体験は極楽そのものです。カード型Suicaの場合は…
2017.7.14配信 Vol.4
TeslaとWeWorkが「iPhoneの次」である理由
米国、シリコンバレーに本拠地を置く新興電気自動車メーカー、テスラ・モーターズ(以下、Tesla)は、同社の新モデルとなる低価格戦略車「Model 3」を、7月28日から顧客に届けると、CEOのイーロン・マスク氏がTwitterで発表しました。
Teslaはこれまで、共通プラットホームでスポーツセダン「Model S」、7人乗りのSUV「Model X」を発売してきましたが、5万5000ドル以上のプライスタグが付いた「高級車」に分類されるラインナップをそろえてきました。
新興メーカーで生産能力が低い中で、高付加価値のモデルに特化する戦略は、ビジネスの面、ブランドの面で、非常に正しかったと振り返ることができます。
そうした戦略を採ってきたTeslaが新たに取り組む「Model 3」は、Teslaという自動車ブランドを大きく変化させる「転機」…
2017.6.23配信 Vol.3
AmazonのWhole Foods Market買収、なぜ?
前回の更新から今回までの間にニュースを賑わせた話題は、何と言ってもAmazonによるWhole Foods Marketの買収でした。米国で最も注目されるオンラインショッピングサイトが、米国で最もブランド力の高いスーパーマーケットチェーンを買収したことの意味を考えていきましょう。
■米国生活におけるWhole Foods Marketとは
筆者はカリフォルニア州のサンフランシスコ近郊、バークレーで暮らしています。バークレーには、Whole Foods Marketが2店舗あり、2年前にオープンしたギルマンストリート店には、独自のコーヒー焙煎所を備え、周囲に多数存在するビールのブリュワリーとともに、「クラフトフード」のメッカとして、その地域を盛り上げています。
カリフォルニア州は米国でも有数の農業地帯となっており、野菜や果物、穀物などの農作物は…
2017.6.9配信 Vol.2
Apple WWDC 2017 現地リポート「iPhoneは機械学習プラットフォームへ」
Appleがサンノゼで開催した開発者会議、WWDC 2017。今回は75カ国、5300人もの開発者がサンノゼに集まり、基調講演以降もアプリ開発に必要な技術に関するセッションを受けたり、Appleのエンジニアからアプリ開発における課題解決のためのハンズオンを受けたりとイベントは続きました。基調講演の内容はもちろん重要ですが、開発者にとっては、今後1年間のアプリ開発の方向性や新しいアイデアを作るための、重要な情報収集とコミュニケーションの場なのです。それが、ハードウエアの発表がおまけ、と言われるゆえんです。
今回の基調講演の発表は、6つのテーマで進行しました。こちらについて、今一度振り返っておきましょう…

よくある質問

メルマガをご購読したい
こちら からお申込みください。
購読申込み後、いつから配信されますか?
次回配信日より配信開始となります。
過去の配信内容につきましては、本サイトにログインいただくことでバックナンバーを閲覧いただけます。
いつから課金されるのですか?
購読手続きが完了した当日より課金が始まります。以後、1ヶ月サイクルで月額課金となります。
解約(自動継続を解除)したい
マイページ」にログイン後、[サービスの確認/変更/解約]から解約(自動継続を解除)いただけます。
契約終了日までは引き続きメールマガジンの配信、及び、バックナンバーの閲覧をいただけます。
メールマガジンが届かない、届かなくなった
受信制限など行われている場合は"@toyokeizai.net"からの受信許可設定をいただくようお願い致します。
また「迷惑メールボックスへの隔離」「アドレスの変更」「メールボックスの容量が一杯になっている」などのエラーにより届かないケースもございます。
もし、上記をご確認いただいたうえで届かない場合は「問い合わせフォーム」よりお問い合わせください。
メールマガジンを受け取るメールアドレスを変更する
マイページ」にログイン後、[登録内容の確認/変更]からメールアドレスをご変更ください。
パスワードを忘れてしまった
ログインID(東洋経済ID)、もしくはパスワードをお忘れの方」よりご確認いただけます。
ご登録内容が一致しない場合、もしくは、ご登録いただいたメールアドレスをお忘れの場合はこちらの 「問い合わせフォーム」よりご連絡ください。

グローバルエリート

グローバルエリート

メルマガを購読する